M&M'S「ミルクチョコレート」の感想

M&M'S「ミルクチョコレート」の袋

M&M'S「ミルクチョコレート」の感想です。

某スーパーで、95円でした。

レシートでの表記は、M&M ミルクチョコレート シングル 40G。

公式サイトでは、シングルパックと表記。ほかに、ミニ、ペグパック、パーティーパックミルクチョコレート、パーティーパックバラエティミックス、エムチューブ があります。

 

「ミルクチョコレート」の原材料

「ミルクチョコレート」の原材料

原材料は、砂糖、カカオマス、脱脂粉乳、乳糖、ココアバター、植物油脂、乳脂肪、でん粉、水あめ、食塩、デキストリン。あとは添加物。

1袋(40g)あたりのエネルギーは191kcal。

原産国は、中国。輸入者は、マース ジャパン リミテッド。スニッカーズと同じ会社ですね。

会社に興味がある人には、「ザ・フード -アメリカ巨大食品メーカー」というドキュメンタリーをオススメします。

マース「スニッカーズ」

マース「スニッカーズ」の感想

ピーナッツバターを固めたようなチョコバー。食感はキャラメルっぽい。

⇒続きを読む

 

「ミルクチョコレート」の表面

「ミルクチョコレート」の表面

いわゆる飴がけです。

ミルクチョコレートをシュガーコーティングしてるので、手につきにくいのがウリ。とはいえ、飴なので少しベタッとしますが、発売当初は画期的だった模様。

日本では、明治「マーブル」の方が馴染みがあるでしょうか。

明治「マーブル」の感想

明治「マーブル」の感想

飴がけチョコの代表格。表面だけ固くてパリッとした食感、中は普通のチョコレート。

⇒続きを読む

色ごとにキャラ設定があったりします。

 

「ミルクチョコレート」の切断面

「ミルクチョコレート」の切断面

袋を開けると、妙に臭い……。

よく嗅ぐとチョコレートの匂いだと理解できるのですが、なんか汗臭い感じなんですよね。

食感は、外側がパリパリ割れていく感じで、中は普通にチョコレート。飴を噛んだら歯についてしまうことがりますが、これでも同じことが起こります。

カラフルで手につきにくい、溶けにくいというポイントを除けば、個人的には飴がけは評価していません。

あと、下の写真は明治「マーブル」の切断面。ほとんど同じですね。

「マーブル」の切断面