明治「マーブル」の感想

明治「マーブル」

株式会社明治「マーブル」の感想です。

某スーパーで、98円でした。

商品名は「マーブルチョコレート」だと思っていましたが、公式サイトでは「マーブル」とだけ。

パッケージでは、マーブルチョコレートの英語表記があるものの、目立つ箇所は「マーブル」だけですね。

明治のQ&Aコーナーに行くと「マーブルチョコレート」とあるので、変更したわけでは無さそうですが……。

マーブルチョコレートは、1961年に発売しました。

「マーブル」は、英語で「大理石」や「おはじき」という意味があります。

表面が「大理石」のようにツヤツヤしていて、形が「おはじき」に似ていることからマーブルチョコレートと名付けられました。

引用元:マーブルチョコレートの名前の由来 | 明治 | Q&A お客様の質問にお答えします

大理石:marble

おはじき:Ohajiki、弾き玉:marbles

 

「マーブル」の原材料

「マーブル」の原材料

原材料は、砂糖(外国製造、国内製造)、カカオマス、全粉乳、ココアバター、植物油脂、でん粉、水あめ、ゼラチン。あとは添加物。

1箱32gあたりのカロリーは、161kcal。

 

オマケのシール

オマケのシール

世界の旅シリーズと題したシールが全49種。

この絵でエクアドル言われても……。

シール目当てで買おうとは思えない内容ですね。

その辺、かつてのビックリマンは上手でした。なんで、あそこまでヒットしたのか、よくわかりませんが……。

ロッテ「ビックリマンチョコ」

ロッテ「ビックリマンチョコ」の感想

令和のビックリマンチョコは、昭和とは違う。もはや、食感が別物。

⇒続きを読む

 

7色のカラフル糖衣チョコレート

7色のカラフル糖衣チョコレート

公式サイトには、『欧米で売られていた糖衣でくるんでいるチョコを参考に、夏も売れる商品を目指し商品化を進めました』とあります。

おそらくは、マースが販売しているアメリカ合衆国のチョコレートブランドの一つ「M&M's」あたりを参考に……。

そう思うのは、『ザ・フード -アメリカ巨大食品メーカー』を見たからですね。カラフルな飴がけチョコの先駆者は、マース創業者の息子だったというエピソードがあります。

しかし、しばらく見ないうちに、キャラの顔がプリントされるようになったんですね。

 

「マーブル」の切断面

「マーブル」の表面

表面を砂糖で固めているので、中のチョコレートが溶けにくい仕様。

なので、表面だけ固くてパリッとした食感、中は普通のチョコレート。

飴がけのお陰で手につきにくいのはいいですが、噛むと歯には付きやすい……。キャンディをかじった後のように。

もしかして、飴のように舐めて溶かすのがスタンダードなんじゃ……。そんなことを考えたお菓子。