ロッテ「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」の感想

ロッテ「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」

ロッテ「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」の感想です。

某スーパーで、78円でした。

なんか、高くなった気がしますね。昔は30円くらいだったような……。経済成長って、物価の上昇と共にあるんですけどね。

コラボしているビックリマンは割と見ますが、本家を見るのは久しぶりでした。何度か、他のチョコレート菓子の感想で「ビックリマン」の名を出していたので、改めて確認してみようと購入。

 

「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」の原材料

「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」の原材料

原材料は、砂糖(国内製造又は韓国製造)、小麦粉、植物油脂、全粉乳、乳糖、カカオマス、クッキークランチ、ホエイパウダー、ココアパウダー、でん粉、ショートニング、食塩。あとは添加物。

「砂糖(国内製造)」は、よく見る表記。韓国製造は、初めて見ました。ロッテで韓国っていうのは、意外性がないですけども。

「初めて見た」というのは、「原産国:韓国」を除けばの話。韓国製造のお菓子は、ドン・キホーテでよく見る印象があります。

マジックスティック

マジックスティックの感想

「マジックスティック(チョコピーナッツ)」は、大きなポッキーと言うより……。

⇒続きを読む

スイートチョコワッフル

スイートチョコワッフルの感想

中身は「SAM'S チョコワッフル」と同じ。

⇒続きを読む

 

「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」の表面

「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」の表面

何か足りない気がしますね。

以前は、挟んであるチョコの中に、砕かれたナッツがあったような……。

今となっては、ウエハースによるチョコサンドですね。

 

ビックリマンチョコの切断面

ビックリマンチョコの切断面

思いのほか、スカスカな印象。

噛むと、表面のウエハースが乾いているため、水分を吸うように張り付きます。触感的には、唇に張り付くモナカと同じ……。

中にピーナッツが入っていないので、ザクザクした食感は過去のもの。昔のイメージで食べると、歯ごたえのない変な甘さだけある駄菓子といったところ。

原材料にはクッキークランチとありますが、存在感がナッシング。

 

「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」のシール

「ビックリマンチョコ 35弾 聖魔大戦争」のシール

かつて、ビックリマンチョコの本体とされたのがシール。

シール欲しさに購入し、お菓子を捨てる人もいたと聞きます。

余談ですが、私の周りでは お菓子を捨てた人はいませんでした。お菓子が要らない人の近くには、お菓子だけ食べたい人が付いて回っていたので……。

しかし、ビックリマン スナックが登場してからは、お菓子不要論が加速。こちらは、単純に菓子として微妙だったからでしょう。それでも、このスナックも好きという人が、多少はいました。

で、現在のシールですが、自社製品をモチーフにしていますね……。思い切りコアラのマーチですよ。

自社製品が天使で、他社製品モチーフが悪魔だったら、それはそれで面白そうですが、お菓子としては夢がないですね。