「ブラックサンダー」の感想

ブラックサンダーのパッケージ画像

「ブラックサンダー」の感想です。

「おいしさイナズマ級!」で「黒い雷神」なアイツ。有楽製菓の有名商品なので、感想を書くまでもない気もしましたが、何となく「メモ」することに。味わいながら、その歴史を見ていきます。

有楽製菓株式会社は、東京都小平市に本社がある1955年創業の会社です。主な事業は、菓子製造販売。愛知県に、豊橋夢工場があります。工場には、世界で唯一のサンダーショップも。

フランス語の「稲妻」

フランス語で「雷」「稲妻」を意味するのは「エクレール(eclair)」です。ほかに「tonnerre」「foudre」もあり、前者は雷鳴、後者は雷そのもの。そして、「eclair」は雷の光を指すようです。

長くなりましたが、雷由来のチョコ菓子は、海外にもあるという話。エクレアのことですよ。なお、「eclair」の「e」の上にはアクセントが付きます。

エクレアは、噛むとクリームが出るから、稲妻の如く早く食べないとダメなので、エクレアになった説が支持されているとか。だとしたら、光を意味する「eclair」よりも……。

 

ブラックサンダーとは

「ブラックサンダー」の写真

ブラックサンダーは、種類別名称:準チョコレート菓子。

1994年に発売された「ブラックココアクランチ」で、当時のキャッチコピーは「うまさ本物! スーパーチョコバー」でした。

「ブラック」は見た目から、「サンダー」は「子供に人気なもの=戦隊モノ」というイメージから。限定品の「白いブラックサンダー」&「ピンクなブラックサンダー」に関するツッコミは お控えください。

当時、有楽製菓の主力商品だった「チョコナッツスリー」がライバルになる予定でした。

1995年、販売不振のため、ブラックサンダーは一時生産終了。

翌年、復活。詳細は、下記サイトにて。

 

ブラックサンダーの切断面と感想

ブラックサンダーの切断面

味は、わかりますよね?

ザクザクで食べ応えがあって、小腹を満たすのに ちょうどいい。カロリーは1本112kcal。そして、安い。これは32円で購入。

この色んな意味での「お手頃感」が、人気の理由かも。スポーツ選手が大会に持ち込んでというのも、気持ち的にわかる話。

 

ブラックサンダーの原材料

ブラックサンダーの原材料

原材料は、駄菓子系のチョコって感じの印象です。

脱脂粉乳や全粉乳の文字を見ると、「粉乳の粒子は、Ⅴ型の結晶化を遅延させる働きがある」のを思い出しますが、食べる分には どうでもいいことですね。

Ⅴ型の結晶については、下記リンク先で説明しています。

手づくりチョコ

手づくりチョコは、なぜマズいのか?

チョコの味は、結晶で決まる。ブルーム現象も。

⇒続きを読む

 

ブラックサンダー ほうじ茶ラテ

「ブラックサンダー ほうじ茶ラテ」の写真

「ブラックサンダー ほうじ茶ラテ」のパッケージは、3種類。

写真は青っぽいですが、他にピンクっぽいのと、黄色っぽいのがあります。どれも、石川県で焙煎された「加賀棒茶」を使用。

「黒い雷神」ではなく「くつろぎ雷神」と、微妙に雷神の肩書も代わっています。

味は、「あぁ、お茶っぽい感じがするな」といったところ。

写真を比較すると、こっちの方がデコボコしていませんね。

 

ブラックサンダー宇治抹茶

「ブラックサンダー宇治抹茶」の写真

期間限定の「ブラックサンダー宇治抹茶」です。

「イナズマ級のおてまえ」というキャッチコピーが、ちょっと面白い。

おてまえは、茶をたてる作法・所作。それがイナズマ級。

 

宇治抹茶の切断面

宇治抹茶の切断面

他のに比べると、だいぶ白いんですね。

食べた感じは「あぁ、控えめに抹茶だな」くらいでしたけど。

押しの強い抹茶じゃないので、パッケージにあるような泡立った雰囲気すら感じる……かも?

 

ブラックサンダープリティスタイル アーモンド&ヘーゼルナッツ

「ブラックサンダープリティスタイル アーモンド&ヘーゼルナッツ」の写真

2020年3月23日から発売の一口サイズ「プリティスタイル」です。

個人的には、チョコバーを噛んで割るときに破片がこぼれるのが嫌なので、こっちの方がいいかなと。

まぁ、食べ応えという点で見ると、チョコバーの方が食った感じはするかも。

 

アーモンド&ヘーゼルナッツの切断面

アーモンド&ヘーゼルナッツの切断面

ロースト感の強いアーモンドとプラリネタイプのヘーゼルナッツを使っているようです。

食べた瞬間に思い出したのは、ビックリマンチョコ。似てるわけじゃないんですけどね。

おそらく、噛み始めた当初と、噛み終わるころでは、食感は微妙に違っているかも。最初は大きなアーモンドを噛んで、その次に細かいのを噛むような感じです。

 

まとめ

ブラックサンダーが広まる流れみたいなのを再確認しただけです。

取り敢えず、ブラックサンダーのページを作っておいて、珍しいブラックサンダーを食べた際には、感想を追加していこう。そのくらいの気持ちで作成しただけ。

 

各店の評判

有楽製菓のサイトを見て思ったのは、楽天市場やYahoo!ショッピングにも出店していたんだなということ。

どこでも買える分、通販サイトでの存在感は希薄になった感じですね。個人的には。

限定ものを買うなら別ですが、その限定品も他ショップで取り扱っているという……。