ブルボン「ほろふわチョコケーキ」の感想

ブルボン「ほろふわチョコケーキ」

ブルボン「ほろふわチョコケーキ」の感想です。

某スーパーで98円でした。

形状から、ブルボン「濃厚チョコブラウニー」みたいなのを想像しましたが、大きく違っていました。

ブルボン 濃厚チョコブラウニー

濃厚チョコブラウニーの感想

ブルボンのチョコブラウニー。

⇒続きを読む

 

ほろふわチョコケーキの原材料

ほろふわチョコケーキの原材料

原材料は、カカオマス、砂糖、液全卵、植物油脂、小麦粉、アプリコットジャム、食用加工油脂、洋酒、全粉乳、異性化液糖、ココアバター、ココアパウダー、乳糖。あとは添加物。

異性化液糖は、ブドウ糖と果糖を主成分とする液状糖。原料はデンプン。『低温で甘味度が増し、清涼感も強くなる』そうです。

常温保存状態で食べたので、低温にした場合より、甘さは感じなかったかも。

 

袋から出したほろふわチョコケーキ

袋から出したほろふわチョコケーキ

ブルボンのチョコケーキ……。

で、この表面。

違う色のチョコレートが、線状にかけられている状態。これ、見覚えがありますね、他の商品で。

そうだ、シルベーヌだ。

洋酒のきいた ふんわり食感のチョコレートケーキです。原材料も割とかぶっているし。

 

切断したほろふわチョコケーキ

切断したほろふわチョコケーキ

切断すると、チョコレートたっぷりのココアケーキが見えます。間に挟んでいるのは、アプリコットジャム。

シルベーヌのクリーム色のスポンジが、ココアケーキに代わったバージョンと言えば、味が想像できるかも。

久しくシルベーヌを食べていないので、記憶の中での比較になりますが、こっちの方が外側のチョコレートは厚いというか、硬い気がしました。でもって、スポンジがしっとり。

個人的には、シルベーヌより好きですけどね。