「ブルボン 濃厚チョコブラウニー」の感想

brownie

ブルボンの「濃厚チョコブラウニー」の感想です。

ツルハで、105円でした。

リッチミルクもありますが、個人的には店頭で見たことがありません。

商品名で検索すると、「再現」「作り方」といった検索候補が出るように、ネット上には誰かが投稿したレシピも。

 

「ブルボン 濃厚チョコブラウニー」の原材料

「ブルボン 濃厚チョコブラウニー」の原材料

原材料は多い順に、砂糖、液全卵、小麦粉、カカオマス、植物油脂、マーガリン、ココアパウダー、ショートニング、加糖練乳、全粉乳、乳糖、洋酒、ココアバター、食塩。あとは、添加物。

液全卵を知らなかったので調べたところ、加工卵の一種とありました。卵の殻を割った状態の卵ですかね。すぐに調理に使えるのが利点でしょう。下のリンクは、株式会社タカノの液卵ページ。

 

袋から出したチョコブラウニー

袋から出したチョコブラウニー

袋越しでも、その硬さは伝わります。チョコブラウニーの平均的な硬さを知りませんが、ちょっと硬い方じゃないかな?

だいぶ前に食べたマーケットオーの「リアルブラウニー」は、もっと柔らかかった記憶が……。まぁ、不確かな記憶です。

なお、リアルチョコレートは、100%カカオバターから作られたもの。

硬いチョコケーキは、電子レンジで温めると、違った食感になる気も……。下記リンク先は、電子レンジで温める場合の目安になるかも。

テリーヌドゥショコラ

テリーヌドゥショコラの感想

モンドセレクション最高金賞を受賞。高級カカオを使用した半生系ガトーショコラ。

⇒続きを読む

 

チョコブラウニーの切断面

切断面

かろうじて、チョコチップが確認可能ですね。

冷蔵庫から出した直後に食べましたが、しっとりしたチョコケーキでした。

パサパサしたチョコケーキがあるのか? という疑問には、「やさしい甘さのチョコケーキ」という例を挙げておきましょう。

味は、洋酒の風味を感じる柔らかチョコといった感じ。ちょっと、喉に残る甘さがありますね。

やさしい甘さのチョコケーキ

やさしい甘さのチョコケーキの感想

ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」の商品。298円で10個入り。

⇒続きを読む

 

加熱したブラウニー

加熱したブラウニー

写真は、電子レンジで加熱したブラウニーです。

加熱時間は、500Wで15秒ほど。

下側のチョコレートが溶け、手で持てない状態になりました。硬さが消え、少しボソボソした上側と、クリームっぽい下側という組み合わせに。

心なしか、甘さ控えめになり、上品さが増したような……。とはいえ、食べにくいので、そのまま食べた方が無難。皿にチョコが付きますし。

「濃厚チョコブラウニーいちご」の感想

「濃厚チョコブラウニーいちご」のパッケージ

いちご生換算42%のチョコレートをハーフコーティングしたブラウニーです。

袋を開けると、ふわっと苺の香りが広がります。

 

ハーフコーティング

いちごハーフコーティング

写真は、袋から出した状態。

ブラウニーの下半分、いちごのチョコレートがかけられています。

側面だけではなく、底も いちご。

表面だけとはいえ、予想以上にピンク色で驚きました。

 

切断面

濃厚チョコブラウニーいちごの切断面

写真の左側は、袋から出して すぐに切断した状態。右側は電子レンジで5秒ほど加熱した状態。

見た目では大きな差は無いですが、加熱すると柔らかくなります。

今回、冷蔵庫から出してすぐに食べたので、ちょっと硬さがありましたが、加熱すると すっかり柔らかくなりました。硬く感じるのは、チョコチップくらい。

味は、ノーマルな方が好みかな?