ロッテ「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の感想

ロッテ「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」

株式会社ロッテ「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の感想です。

ツルハで、267円でした。

マルチトールを使うことで、砂糖ゼロ&糖類ゼロにした「ZERO」シリーズのケーキ版。ほかに、ケーキでは「シュガーフリーケーキ<発酵バター×バニラ>」「シュガーフリービスケット」があります。

ZERO

糖類ゼロのチョコは、食べ過ぎ注意のマルチトール入り

糖質と糖類の違いから、カロリーの話まで。

⇒続きを読む

 

「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の原材料

「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の原材料

原材料は、小麦粉(国内製造)、液卵(国内製造)、ショートニング、マルチトール、還元水あめ、植物油脂、ココアパウダー、乳等を主要原料とする食品、食物繊維、カカオソース、カカオペースト、食塩、洋酒、乳清ミネラル、脱脂濃縮乳、でん粉、カカオエキス、乾燥卵白、卵黄、乳たんぱく。あとは添加物。

多い……。

1個 標準8.8gあたりのカロリーは、39kcal。

※ 食品表示基準に基づき、糖類0.5g未満(100g当り)を糖類0(ゼロ)としています。砂糖は食品表示基準における糖類に該当します。

自由が丘ロール屋の推奨商品らしいです。

 

「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の表面

ロッテ「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の表面

マカロンみたいな見た目をしていますが、非常に柔らかい。

そこそこ温かい場所に置いていると、ケーキの表面が個別包装の袋に張り付き、写真のように……。

 

「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の切断面

「ゼロ シュガーフリーケーキ<芳醇ショコラ>」の切断面

なめらかチョコクリームを、ふんわり食感のコク深いチョコ生地で挟んだケーキ……と、パッケージには書いています。

実際に口にして思ったのは、パサつきがなく、しっとりめなので、パサパサしたドンキのケーキとは違うなってこと。

とはいえ、思ったほどチョコクリームの存在感はなく、ふわふわケーキのスポンジのみという印象。

すぐに消えてなくなるので、食べた満足感は得にくいでしょう。量も多くないし。

やさしい甘さのチョコケーキ

やさしい甘さのチョコケーキの感想

ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」の商品。298円で10個入り。

⇒続きを読む