ギンビス「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の感想

ギンビス「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」

ギンビス「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の感想です。

言わずと知れた動物の形をしたビスケット。動物の種類は、47種類。

某スーパーで、118円でした。

薄焼きビスケット「たべっ子どうぶつ」シリーズの1つで、同シリーズには「たべっ子どうぶつ バター味」「白いたべっ子どうぶつ」「たべっ子水族館」「ぷくっ子どうぶつ スナック」などがあります。

47種類の動物形ビスケットにチョコレートをコーティングしています。

引用元:商品情報 : たべっ子どうぶつ|お菓子に夢を! - 株式会社ギンビス

 

「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の原材料

「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の原材料

原材料は、小麦粉(国内製造)、準チョコレート(砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココアパウダー)、砂糖、植物油脂、マーガリン、ごま、ショートニング、食塩、食物繊維、バター、DHA含有魚油、イースト。あとは添加物。

1箱50g当たりのカロリーは、246kcal。

江崎グリコ「フレンドベーカリー」やロッテ「チョココ」を食べた後、「たべっ子どうぶつ」を思い出して買いましたが、原材料は似ていますね。まぁ、この手の商品は小麦粉と砂糖とマーガリンの類(ショートニング)ですよね。

江崎グリコ「フレンドベーカリー」の感想

江崎グリコ「フレンドベーカリー」の感想

食感はサクサク。コーティングされたミルクチョコレートは、そこまで甘くないビスケット。

⇒続きを読む

ロッテ「チョココ」の感想

ロッテ「チョココ」の感想

チョコレートをかけた薄焼きクッキー。どこか懐かしい片側チョコお菓子。

⇒続きを読む

 

「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の表面

「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の表面

動物の形をしたビスケットに、英語表記で名前が書かれています。

裏面はチョコレート。

形は、縁日で見る型抜きっぽいですね。チョコの付き具合は、割と雑。

 

「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の切断面

「たべっ子どうぶつ チョコビスケット」の切断面

力を入れなくても、サクッと切れます。

見た感じからチョコレートとビスケットが半々の印象でしたが、実際に食べてみるとチョコレートよりビスケットの味が強いですね。

ビスケットはカリカリした食感で、厚焼きビスケットのような食べ応えと言いますか、小麦粉の食品を食べた満足感が無いですね。

 

47種類の動物

47種類の動物

いやぁ、勉強になりますね。

蝙蝠、熊、ラクダ、猫、牝牛、鹿、犬、アヒル、鷲、象、狐、オットセイ、山羊、鷹、雌鶏、カバ、ミミズク、馬、コアラ、豹、ライオン、オオヤマネコ、インコ、オシドリ、サル、ネズミ、牡牛、パンダ、パロット、クジャク、ペンギン、ペリカン、鳩、ホッキョクグマ、ヤマアラシ、ウサギ、アライグマ、サイ、雄鶏、羊、スズメ、リス、バク、トラ、亀、イノシシ、狼。

鷲と鷹って、違いは大きさにあるようなので、ビスケットも……。

体長が比較的大きなものをワシと呼び、中型から小型のものをタカとして分類しています。

引用元:ワシとタカの違い | イヌワシタイムズ

 

ぬりえコンテスト

ぬりえコンテスト

パッケージの反対側は「ぬりえ」になっています。

ぬりえコンテストのグランプリ受賞者になると、たべっ子どうぶつシリーズ商品1ヵ月分(30個)貰えるようです。

毎月開催のコンテストで、受賞作品は下記リンク先で見られます。チラッと見ましたが、やはり児童が有利。上手な大人では勝てません。

あと、月によっては線をはみ出し放題の前衛アートも。

 

松永製菓「あにまるきっど」

松永製菓「あにまるきっど」

「たべっ子どうぶつ」とは無関係だけど、同じ動物系としてピックアップ。

型を作るより、プリントした方が安上がり?

印刷が薄いのもありますね。