マキシム・ド・パリ「クリスピークレープ」の感想

マキシム・ド・パリ「クリスピークレープ」の袋

マキシム・ド・パリ「クリスピークレープ」の感想です。

某スーパーで、398円でした。高い。

ブランド名に「パリ」が入っていますが、原産国はポーランド。

マキシム・ド・パリは、1893年にフランスでレストランを開店し、グルメの殿堂として名を馳せる名店だとか。

 

「クリスピークレープ」の原材料

「クリスピークレープ」の原材料

原材料は、チョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、ホエイパウダー、無水乳脂肪)、小麦粉、砂糖、植物油脂、脱脂粉乳、ピーナッツペースト、全粉乳、乳糖、ホエイパウダー、低脂肪ココア、クリームパウダー、食塩。あとは添加物。

輸入者は、三菱食品株式会社。

100g当たりのカロリーは、514kcal。1箱140g。

 

「クリスピークレープ」の中身

「クリスピークレープ」の中身

7本×2列ですね。1本10gといったところでしょうか。

1本の長さは9cmほどなので、そこそこ大きなケースになります。

ロールウエハー系の商品としては、下記が同系統かな。

「チョコロール ヘーゼルナッツクリーム」の感想

「チョコロール ヘーゼルナッツクリーム」の感想

チョコレートでコーティングしたロールウエハー系お菓子。

⇒続きを読む

 

「クリスピークレープ」の表面

「クリスピークレープ」の表面

潰れた葉巻にチョコレートをかけたような感じ?

底は平らで、コーティングが剥げている箇所も少なくないですね。

ココアピーナッツクリームを、薄いクレープ生地とミルクチョコレートで包んでいるらしいです。

 

「クリスピークレープ」の切断面

「クリスピークレープ」の切断面

思っていたより、中の空洞が大きかったです。

サクサクした食感ですが、薄焼きのクレープ自体はパリパリした印象。

割と甘い。