ヴァローナ社のチョコレートの感想

ヴァローナ フェーブ カラク

ヴァローナ社のチョコレートの感想です。

具体的には、「ヴァローナ フェーブ カラク」と「ヴァローナ フェーブ アラグアニ」で、どちらも富澤商店で購入しています。富澤商店に関しては、下記リンク先にて。

TOMIZのロゴ

富澤商店の感想

ログインボーナスがある通販サイト「TOMIZ」は、自社サイトが安い

⇒続きを読む

写真のチョコレートは、「ヴァローナ フェーブ カラク」です。溶かして使うタイプなので、お菓子作りをする人向けですね。

とはいえ、お菓子作りのために買ったわけではありません。

そのまま食べたかったんです。

と言うのも、ヴァローナ社のチョコが使われている商品を幾つか食べたので、その素材の味だけを確かめたくなった……。言ってしまえば、加工前の美味しさを知りたい。それが購入理由です。

 

ヴァローナ フェーブ カラク

ヴァローナ フェーブ カラクのパッケージ

ヴァローナ フェーブ カラクは、カカオ分56%。

まろやかでナッツのような香ばしさと、カカオテイストのバランス良い風味。

パッケージには、そう書かれていますね。

チョコレートが入っている袋にはチャックが付いているので、必要な分だけ取り出して、残りを保存するのに良いですね。

 

カラクについて

CARAQUE

「カラク(CARAQUE)」は、ベネズエラ・ボリバル共和国の首都「カラカス(Caracas)」が語源の模様。

「製菓・洋菓子材料の通信販売サイト TFOODS.COM」では、そんな風に書かれていました。何にせよ、ベネズエラは世界有数の高品質カカオ豆の産地。その首都の名を与えられたチョコ。

 

カラクの切断面と感想

割ったカラク

いつもはナイフで切断していますが、今回は袋の中でパキッと割りました。手で……。

少し力を加えれば、割れてくれます。製菓用のチョコなので、中に何かが入ってるわけじゃない。そう知っていたので、今回はナイフ未使用。

冷蔵庫から出した直後に食べているので、溶けだすまでに時間がかかりましたが、口どけはなめらかで甘さは控えめ。クセのないチョコですね。

 

ヴァローナ フェーブ アラグアニ

ヴァローナ フェーブ アラグアニ

チョコの形状が同じなので、「また、同じのを見せやがって」と思うかもしれませんが、こちらは「ヴァローナ フェーブ アラグアニ」です。

このチョコレート、袋を開けて香りを嗅いだら、ちょっと感動しました。凄まじく良い香りなんで……。

“高級チョコレートの良い香り”みたいなのが、袋の中に詰まっています。

 

アラグアニの説明

ヴァローナ フェーブ アラグアニのパッケージ

ヴァローナ フェーブ アラグアニは、カカオ分72%。

ベネズエラ産のカカオ豆を使用した、薫り高い味わい。苦味も酸味も非常に強い、深みのあるチョコレートです。

パッケージには、そう書かれていますね。

なお、先の“高級チョコレートの良い香り”的な感想は、この文章を読む前に抱いたもの。

 

アラグアニについて

ARAGUANI

「アラグアニ(ARAGUANI)」は、ベネズエラ・ボリバル共和国の国の木「アラグアネイ」と原住民族の名前を組み合わせた造語だとか。

ベネズエラは、2017年11月以降 ハイパーインフレーションが継続している上に、社会インフラの悪化が問題となっている国……。

これを書いている時点で、外務省の危険情報は「レベル3 渡航中止勧告」の地域が大半。残りは「レベル2 不要不急の渡航中止」です。行っちゃダメって話。

 

アラグアニの切断面と感想

割ったアラグアニ

カラク同様、袋の中で割りました。冷蔵庫から出して、すぐに……。

香りについては、先に書いた通りです。

味は、苦味という名のコクを楽しませてくれる。そんな感じですかね。単体で味わうとしたら、個人的にはアラグアニの方が好き。楽しめるので……。

逆に、カラクはアラグアニに比べるとサッパリした印象があるので、お菓子作りでは合わせやすいのかも。

家族に予備知識なしで食べてもらったところ、「粉っぽさが残らないから、高いチョコ?」と訊かれました。カラクは甘みを強く感じるので、アラグアニ が良いとも。まぁ、あくまで個人の感想です。

 

一緒に味わう

溶けたアラグアニとカラク

アラグアニとカラクをパンにのせ、オーブンで加熱してみました。

チョコを湯せんして溶かすと、容器に付く分がもったいない……。でも、溶け具合を知りたい。で、苦肉の策がこれ。

両者を溶け合わせると、また違った味わいになります。チョコをブレンドして使う理由が、少しわかった気がしました。

幾つかのチョコを決まった分量だけ用いることで、理想とする味に近づけているんでしょうね。お菓子職人の人は。

なお、両方を同時に口の中に入れても、似たような体験はできます。

 

ヴァローナ社のチョコレート

カットしたテリーヌドゥショコラ

上の写真の「テリーヌドゥショコラ」が、ヴァローナ社のアラグアニ、マンジャリ、カラクを使っています。それで、味を確かめたかったんですね。

残念ながら、マンジャリは売り切れていたので、カラクとアラグアニの感想になっています。

ヴァローナ社のサイトに行けば、マンジャリも売っていますが、そこで買わなかったのは「1kg」単位の販売だから……。さすがに、その量は多いです。

その点、富澤商店は150gからあるので、味を確かめるには妥当だったわけですよ。まぁ、マンジャリはタブレット・タイプもあるので、そっちを買えばいいのかな。

テリーヌドゥショコラ

テリーヌドゥショコラの感想

モンドセレクション最高金賞を受賞。高級カカオを使用した半生系ガトーショコラ。

⇒続きを読む

Nico chocolaterie ボンボンショコラ

Nico ボンボンショコラの感想

福岡県小郡市にあるチョコレート専門店の商品。ふるさと納税の返礼品で、ヴァローナ社のチョコレートを使用。

⇒続きを読む

 

チョコレートのシリーズ

ヴァローナ社のチョコレートには、シリーズがあります。

『グラン・クリュ・テロワール』は、原産地限定の高級カカオ。『グラン・クリュ・マリアージュ』は、厳選したカカオをブレンドしたもの。そんな具合に。

アラグアニとマンジャリは、グラン・クリュ・テロワール。カラクは、グラン・クリュ・マリアージュですね。

マリアージュはフランス語で結婚や婚姻を意味する言葉ですが、飲み物と料理の組み合わせが良いこと。特に、ワインと料理の組み合わせの良さが、マリアージュと表現されます。

離婚率の話をすると、組み合わせの良さも薄らぎそうですが……。

フランスは日本に比べて、離婚率の高い国です。夫婦の3組に1組以上が離婚します。パリではその率は、2組に1組になります。その4分の1は再婚します。

引用元:フランスにおけるカップル生活、その2 | カルネ・ド・フランス

 

ヴァローナ社について

ヴァローナ社のチョコレートを使う理由は、使っている人に訊かないとわかりませんが、もしかしたら「エコール・ヴァローナ 東京」の存在が大きいかも。

「エコール・ヴァローナ 東京」は、ヴァローナのショコラ専門技術校です。

そこで習ったら、やっぱり使いたくなりますよね?

1922年、最高のチョコレートをめざし日々の仕事に熱意を注ぐ、フランス、ローヌ地方の一人の菓子職人の創業によってヴァローナの歴史がはじまりました。

世界のトップ・パティシエたちに愛されるヴァローナのチョコレート。

そのおいしさの秘密はチョコレートの原料となるカカオへのこだわりにあります。

引用元:ヴァローナについて | ヴァローナ ジャポン株式会社

 

溶かした場合

溶け始めたチョコレート

溶かして固めた話は、大東カカオ「カカオマス」のページで書いています。

やっぱり、そのまま食べた方が良かったですね。

大東カカオ「カカオマス」

大東カカオ「カカオマス」の感想

100%カカオなカカオマス。甘みがないから、料理の隠し味に使いやすい?

⇒続きを読む