ポルタ「フォレストフルーツ チョコレート」の感想

ポルタ「フォレストフルーツ チョコレート」

ポルタ「フォレストフルーツ チョコレート」の感想です。

カルディコーヒーファームで、145円でした。

原産国はドイツ。輸入者は、キタノ商事株式会社。

取り扱いブランドは、ローカー、バールセン、ベリー、テイストデライト、アーティザン、ヘレマ、プレフェレ ダマンディン、ピエール ビスキュイットリー、アベイ、クーヘンマイスター、サンカルロ、トップ オブ ザ トップ、プルモール、ワインリッヒ、エリート、バルビエーリ、ラルベラ、ミエシェコ、ニューチョイス、アララ、テクマー、ストリームライン、ラ スフォーリア、フィガロ、ワトキンス、アリアス、サン ブランド、ステートサイドなど。

このチョコレートは、上記の中にある「ワインリッヒ」です。

 

「フォレストフルーツ チョコレート」の原材料

フォレストフルーツの原材料

原材料は、砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、グルコースシロップ、ホエイパウダー、アルコール、フォレストフルーツペースト。あとは添加物。

えっと、アルコールが入っていますね……。度数表示は不要な量?

酒税法、食品表示法により、1%以上のアルコールを含む飲料については「酒類」の表示が義務づけられていますが、菓子類には「酒類」の表示の義務はありません。

引用元:チョコレート菓子を食べたら酔っぱらった?(身近な消費者トラブルQ&A)_国民生活センター

人

「表示義務は、ないのかよ」

むしろ、謎の原材料「フォレストフルーツペースト」の方を気にすべきでしょうか……。

ちなみに、包み紙を少し剥がすと、即 写真の状態になります。一気に開きますね。

表の面には厚紙が入っているので硬く感じますが、チョコレート自体は硬くないので注意。

 

浮き出た中身

浮き出た中身

白っぽくなっている箇所があり、ファットブルームを疑ってしまいますが、これは中身のソース。いや、フォレストフルーツペースト。

ファットブルームについては、下記リンク先にて。

手づくりチョコ

手づくりチョコは、なぜマズいのか?

チョコの味は、結晶で決まる。ブルーム現象も。

⇒続きを読む

同系統の商品が幾つかあります。

ヴァイセ、ダークチョコレート50%、ビター70%、ミルク、アマレナチェリー、ブラッドオレンジ、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、マンゴーパッションフルーツなど。

チョコレートの型は同じで、中身が違う感じの商品群になります。

それぞれを見た後に思うのは、フォレストフルーツの全部入り感ですね。フォレストフルーツのキャッチコピーは『なめらかなミルクチョコレートに森の果実のフレーバーが香るクリームを詰めました』です。

 

フォレストフルーツの切断面

フォレストフルーツの切断面

写真は、手でパキパキ割った状態です。

この時点でベリー系の香りが漂いますし、食べてもベリーの味わい。まぁ、ベリーそのものではなく、それっぽく加工された感じのテイストです。

このペーストの存在感が強いので、チョコレート自体の感想が書きづらい。チョコレートとして記憶に残るのは、薄氷を踏むように割れていく食感くらい。