ミラノ ダークチョコレートの感想

ペパリッジファーム「ミラノ ダークチョコレート」

ペパリッジファーム「ミラノ ダークチョコレート」の感想です。

某ショッピングモール内にあるカルディコーヒーファームにて、475円で購入。

「ペパリッジファーム(Pepperidge Farm)」は、アメリカのブランド。会社サイトには「私たちはパン屋です」とあります。

創設者は、主婦だったマーガレット・ラドキン氏。

ペパリッジファームは、コネチカット州フェアフィールドにある土地の名前。彼女の引っ越し先。

ミラノと書かれたクッキーシリーズには、バナナ、キャンディケイン、キャラメルマキアート、ココナッツ、ダークチョコレート シーソルト、ダブルダークチョコレート、ダブルミルクダークチョコレート、アイリッシュクリーム、レモン、ミルクチョコレート、ミント、オレンジ、パンプキンスパイス、ラズベリー、塩キャラメル、ストロベリー、トーストしたマシュマロなどがあります。

 

「ミラノ ダークチョコレート」の原材料

ペパリッジファーム「ミラノ ダークチョコレート」の原材料

原材料は、小麦粉、チョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター、バターオイル、バニラエキス)、砂糖、植物油脂、鶏卵、コーンスターチ、食塩、脱脂粉乳。後は添加物。

会社サイトを見ると、上記とは違う書き方ですけどね。

輸入者は、キャンベルジャパン株式会社。アーノッツ社の「TimTam(ティムタム)」を扱っているところ。

 

袋の中身

「ミラノ ダークチョコレート」袋の中身

クッキー5枚が、お弁当の「おかずカップ」みたいなのに入っています。お弁当のそれより、大きめのカップですけどね。

縦に長い袋なので、手を突っ込んでクッキーを取り出すと、指先にチョコレートが付きます。

「ミラノ ダークチョコレート」の1セット

写真のような状態のものが、3セット。

合計15枚のクッキーが入っていて、カロリーは100gあたり523kcal。全体の内容量は170gです。

 

「ミラノ ダークチョコレート」の感想

「ミラノ ダークチョコレート」の側面

パッケージには、エレガントな形が特徴とあります。

まぁ、クッキー部分がズレたのもありますが、その辺は気にしない……。

気にすべきなのは、チョコレート。常温保存でも問題なさそうですが、触ると付くのでクッキー部分だけに触れたいところ。

 

切断面

「ミラノ」の切断面

ミスターイトウのラングリー。

手にして思ったのは、それでした。そして、食べて思ったのも、それでした。

これは、ばかうけ型ラングリーです。

人によっては、ラング・ド・シャ、白い恋人とか言うんでしょう。

こちらも、食感はサクサク。

細長の形状なので、喉の付近まで入れてしまいがちですが、そうすると噛んで割れた後の粉が喉につき、咳き込んでしまいそうに……。あと、生地が乾いていると、口の中の水分が持っていかれます。

チョコレートはラングリーよりクリーミーで、濃厚な気もしますが、久しくラングリーを食べていないので自信なし。

たぶん、こっちの方がチョコレートの割合が高いので、タイ焼きのしっぽを食べて「あんこが無い」と言うように、端っこを食べて「チョコが無い」と言うことはないでしょう。

というか、タイ焼きのしっぽは、あんこを入れずに持つ箇所とし、最後は捨てていたという話も聞きますけどね。

あれこれ書きましたが、やっぱりラングリーですね。一言でいうなら。