お菓子「マジックスティック」の感想

マジックスティック チョコピーナッツ

ドン・キホーテで購入した「マジックスティック チョコピーナッツ」の感想です。

「マジックスティック」という名前だと、お菓子以外の商品もあるので、ぺージ・タイトルに「お菓子」と入れています。

価格は398円。10本入りなので、1本あたり約40円。

輸入者として表記されている株式会社エス・エス・ビーのサイトでは、「ドイツのチョコ」とありますが、原産国は韓国になっていました。材料をドイツから取り寄せて、韓国で製造しているのでしょう。

ドン・キホーテは、PB商品と言い、韓国からの輸入品が多い印象があります。

なお、この商品は季節限定の商品で、夏は お目にかかれません。

厳選したドイツのチョコと香ばしいナッツがギッシリ(中略)

※季節限定商品(9月~5月位まで発売)

引用元:マジックスティック ピーナッツ | 株式会社エス・エス・ビー[世界の食品、輸入食品、パウダー、粉、えごま、韓国食材卸、酢]

 

マジックスティック チョコピーナッツ

「マジックスティック チョコピーナッツ」

長さ18.5cmほどの巨大ポッキーです。

棒部分の食感は、ポッキーより「ヤンヤンつけボー」に近いですね。「ヤンヤンつけボー」は、棒状のクラッカーに、チョコを付けて食べるお菓子です。似た類いに、「ヌテラアンドゴー」があります。

でっかい「ヤンヤンつけボー」にチョコがコーティングされていて、そこにザクザク食感のピーナッツが付いている。そう聞いてイメージするような味ですね、マジックスティック チョコピーナッツは。

ヌテラ アンド ゴー!

ヌテラ アンド ゴー!の感想

パンに塗るクリームとクラッカーの組み合わせ。販売元は「フェレロ ロシェ」の会社。

⇒続きを読む

 

マジックスティックの切断面

マジックスティックの切断面

切断面を見てもらえば、ポッキーよりヤンヤンつけボーに近いといった理由が、わかってもらえるはず。

大きくした分、強度が必要ですからね。ポッキーのそれでは、もたないでしょう。

「女神のルビー」や「大人の琥珀」の箱は大きいですが、中身は そうでもないですし……。棒は、少し太めなくらいでした。

ポッキー女神のルビー

ポッキー女神のルビーの感想

【Amazon.co.jp 限定】江崎グリコ ポッキー女神のルビーは、ルビーチョコじゃない。

⇒続きを読む

 

アレンジと原材料

マジックスティックの原材料

デコレーションしたり、お菓子の家やケーキの素材にしたりと、アレンジレシピが紹介されています。

公式サイトでは、アレンジ例の写真が載っていました。いかにも、インスタ映えを意識した感じのが。

今回、取り上げているのはチョコピーナッツですが、ココナッツ、キャラメル、クランチもあるとか。

原材料で気になったのは「食用加工油脂」ですかね。「植物油脂」のほかに、この表記……。

「食用加工油脂」は、「精製ラード」も含まれるので、豚がNGな人は どうなんだろう。

あと、クリームシーズニングパウダーも気になりますが。

食用加工油脂とは,マーガリン類,ショートニング・精製ラード及び食用精製加工油脂をいう。

引用元:公益財団法人日本食品油脂検査協会 HACCP情報 食用加工油脂の高度化基準

マーガリン

トランス脂肪酸とは、何なのか

どうして「部分水素添加油脂不使用」がウリになるのか? 不飽和脂肪酸、二重結合、エマルションとは? 実は、マーガリンは液体だった?

⇒詳細を見る

 

感想

マジックスティックのケースの中

なんか、クセになりますよ。

最大の魅力は、ザクザク感ですかね。ただ、棒のところが渇きすぎているような……。

バドミントンのシャトル入れ

ケースは高さ24cm、直径8cmあるので、バドミントンのシャトル入れになりそう。フタを締められるタイプですし。