「クリスピーマキアートチョコレート」の感想

クリスピーマキアートチョコレートのパッケージ画像

業務スーパーで購入した「クリスピーマキアートチョコレート」の感想です。

近くに置かれていた「ツイスターズ チョコバー」のウエハース版みたいな位置づけですね、個人的には。

購入時の価格は、271円。1袋に12個入っていたので、1個22.5円くらい。

栄養成分表示の欄に 1個約20gとあり、全体の内容量が220gとあるので、単純計算では 11個になるはず……。でも、あくまで「約」です。正確には、袋に入った状態で 1個19.6gでした。

袋が1.3gくらいあるなら、220gになるでしょう。

ツイスターズ チョコバー

ツイスターズ チョコバーの感想

業務スーパーで購入したスニッカーズ風チョコバー。1袋に2本入って価格は78円。

⇒続きを読む

 

クリスピーマキアートチョコレートとは

「crispy macchiato chocolate bars」の写真

クリスピーマキアートチョコレートは、原産国がスペインのチョコレート菓子。

パッケージには「Crispy Macchiato Chocolate Bars」とありますが、その下のカタカナは「クリスピーマキアートチョコレート」と、「バー」が入っていないので、当ページではバーを抜いて表記しています。

業務スーパーでは、似たようなパッケージ・デザインの商品として、ココナッツパラダイスチョコレート、リッチトフィービスケットチョコレートがあります。

Crispy

パリパリの……。

Macchiato

染みをつけた。

 

クリスピーマキアートチョコレートの感想

クリスピーマキアートチョコレートの外観

見た目は、普通にチョコバーです。

2.5cm×5cmくらいなので、ブラックサンダーより短く、代わりに高さがあるチョコバーですね。

1個あたり103kcalあります。

 

クリスピーマキアートチョコレートの切断面と感想

クリスピーマキアートチョコレートの切断面

冷蔵庫から出してすぐだと、切断するのに力が要ります。そして、力を入れると、一気に割れる……。

結果、写真のように破片が散らばることに……。

なお、冷蔵庫の温度は、この商品にとって適温ではありません。たぶん、キャラメル部分が冷えすぎて、ダメ。

冷えて固いキャラメルは、食感がキャンディをかじっているようで、あまり良くないです……。

 

適温のクリスピーマキアートチョコレート

クリスピーマキアートチョコレートの適温

『おいしく召し上がりいただく為に、涼しい場所(14~18℃が適温)に保存してください』とあります。

冷蔵庫では、寒すぎるんですね。

冷蔵室 4℃以下(野菜室で12℃以下)

引用元:電気冷蔵庫及び電気冷凍庫のJIS改正について|一般社団法人 日本電機工業会

 

適温のクリスピーマキアートチョコレートの切断面と感想

「適温のクリスピーマキアートチョコレート」の切断面

冷蔵庫から取り出し、適温くらいの場所に数時間 置いたクリスピーマキアートチョコレートを切ったのが上の写真です。

破片が散らばらず、キレイに切れました。

食感も、キャラメル部分のキャンディっぽさが薄れ、噛みやすくなっていました。まぁ、キャラメルなので、歯につくのは変わらず。

しかし、改めて見てみると、手間がかかってますよね。ウエハースにキャラメルをかけて、そのうえにクランチシリアルをまぶして、チョコレートのコーティングですよ。

よく この値段で販売できているよなぁ……。

 

まとめ

チョコレートにとっての適温を考えさせられた商品です。

冷蔵庫では冷えすぎる。では、いったい どこに?

その答えの一つは、ワインセラーですかね……。

まぁ、「常温保存」と一口に言っても、場所によって「常温」は違います。海外基準の常温で保存したらダメみたいな話。

味に関しては、正直キャラメル系は好きじゃないので、誰かにあげようかと思いましたが、食べているうちにクセになってきました。

手が届きやすいところに置くと危険です。無意識に、続けてパクパクしてしまうかも……。まぁ、また買う可能性は低いですけど。

人

「適温が、冬期限定チョコより下なんだけど……」

冬期限定チョコ

冬期限定チョコの感想

いろんな冬期限定チョコの感想。なぜ、時期を限定する必要があるのか。冬期と冬季の違いとは。

⇒続きを読む