明治「アーモンドチョコレート」の感想

明治「アーモンドチョコレート」

明治「アーモンドチョコレート」の感想です。

某スーパーで、218円でした。

公式サイトでは、低GI食品をウリにしていました。急に血糖値が上がらないアレですね。

あと、食物繊維がレタス丸ごと1玉分以上。

でもって、カカオポリフェノールは333mgで、オレイン酸とビタミンEも……。

380gでカカオポリフェノール1790mgとか見た後だと、88gで333mgは……。1gあたり4.7mgと、1gあたり3.78mgなんで。

訳あり カカオ70

訳あり カカオ70の感想

ショコドーネのハイカカオチョコレートの感想。なかなか、固い。

⇒続きを読む

 

「アーモンドチョコレート」の原材料

アーモンドチョコレートの原材料

原材料は、砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖、還元水あめ。あとは添加物。

製造所は、静岡なんですね。

1箱88gあたりのエネルギーが、500kcalって結構あるんじゃない? 1gあたり5.68kcalってことは、あのリッチショコラケーキすら余裕で……。

リッチショコラケーキ

リッチショコラケーキの感想

コスパ最強の業務スーパー商品。驚異の1円あたり4.7kcalの秘密は、豆腐の容器に?

⇒続きを読む

 

「アーモンドチョコレート」の表面

「アーモンドチョコレート」の表面

大きさは、中のアーモンドによって違いますね。数は、全部で21個。

どれも、なかなかのテカり具合。これが、光沢剤の力。

チョコボール系では、よく見る添加物の一つです。下記は、光沢剤仲間。

エリート「ミックスチョコレート フィグ」

エリート「ミックスチョコレート フィグ」の感想

イチジクをチョコレート・コーティング。外側のチョコは3種類。

⇒続きを読む

チョコビア「ダークチョコレート レーズン」

チョコビア「ダークチョコレート レーズン」の感想

レーズン・チョコ。甘酸っぱいような、ただ単に甘いような……。

⇒続きを読む

 

「アーモンドチョコレート」の切断面

「アーモンドチョコレート」の切断面

チョコレートのコーティングが、なかなかに厚めなのがわかります。

でもって、チョコレートが少し硬め。

噛んで砕くと、ローストしたナッツの香りが、口の中に広がります。そのあとに、チョコレートの甘さと、風味。

当たり前のように感じていたカリッとした食感ですが、湿気らずに乾燥したままなのって、作るの大変なんじゃないかなと、少し思ったり。