「トラパ ゴールド ミルクチョコレート クランチ」の感想

トラパ ゴールド ミルクチョコレート クランチ

「トラパ ゴールド ミルクチョコレート クランチ」の感想です。某スーパーで、98円でした。

100gある板チョコです。同じシリーズには、クランチじゃないミルクチョコレート、ビターもあるようです。

 

トラパ ゴールド ミルクチョコレート クランチの原材料

「トラパ ゴールド ミルクチョコレート クランチの原材料」

原材料は、多い順に表記されています。「トラパ ゴールド ミルクチョコレート クランチ」の場合は、砂糖、ココアバター、脱脂粉乳、ココアペースト、パフライス、バター、ホエイパウダー、ヘーゼルナッツペースト。あとは添加物。

輸入者の富士貿易株式会社は、横浜にある会社です。設立は1953年。創業は神戸市。

主な事業は、マリン統合事業、国内流通事業。船舶向けの機器や部品の供給サービスでスタートし、そこで培ったネットワークを活かして、商社ビジネスを展開している感じでしょうか。

「取扱商品一覧」で、取り扱いブランドを確認できますが、「トラパ(TRAPA)」が無いという……。

 

チョコレートの感想

チョコレートのカケラ

常温に馴染ませてから食べた感想になります。

溝があって固くないので、簡単にパキッと割れます。

見ての通り、ロッテのクランキーチョコレートみたいな感じ。

久しくクランキーチョコレートを食べてませんが、そっちよりはパフは大きめかな?

 

切断面

切断面

え~、クランキーチョコレートですね。食べた感じも。

おそらくは、パフライス入りと聞いて想像する通りの味でしょう。

まぁ、海外特有のガツンと来る甘さ……とまでは行きませんが、なかなかに甘いかなと。

食べ終わった後に、日本のより甘い気がしてきます。

 

まとめ

「Chocolates Trapa」で検索すれば出てくるスペインの飲食店。そことロゴは一緒。

これといって大きな特徴はないですが、高い商品でもないので、フツーだなという感想です。