「リッタースポーツ」の感想

リッタースポーツ ミニリッターアソート 150g

「リッタースポーツ ミニリッターアソート 150g」の感想です。カルディコーヒーファームで、486円でした。

輸入者は、三菱食品株式会社。あのスリーダイヤの三菱です。2019年9月30日現在の主要株主は三菱商事株式会社で、出資比率は60.93%。

会社のサイトを見れば、明治屋商事、菱食、サンエス、フードサービスネットワークが経営統合し、三菱食品になった経緯が確認できます。

「リッタースポーツ」の原産国は、ドイツ。アルフレッドリッター社のチョコレートになります。「なぜ、スポーツなのか?」は、下記の通り。

どんなスポーツジャケットのポケットにもぴったり収まり、割れにくく、縦長のチョコレートバーと同じ重さの正方形のチョコレートで、「リッタースポーツチョコレート」と名付けられました。

引用元:リッター商品一覧|菓子|三菱食品

 

リッタースポーツの原材料とカロリー

「リッタースポーツの原材料」

原材料は、多い順に表記されています。「リッタースポーツ」の場合は、砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、植物油脂、乳糖、脱脂粉乳、ヘーゼルナッツペースト、ヘーゼルナッツ、アーモンド、バターオイル、コーンフレーク……。

いろんな種類が入ったアソートだけに、個々を特徴づける素材が続きます。

カロリーは、100gあたり549kcal。全部で150gあるうちの100gなので、実際には どれを食べるかで変わりそうですね。

個別でも販売していて、ナッツ、ストロベリーヨーグルト、レーズンナッツ、ナッツホワイト、ビスケット、コーンフレークがあります。

 

スナップオープン

スナップオープン

原材料表記の近くに「スナップオープン」と題したイラストが載っています。

広げるようにパキッと割れば、袋がきれいに開く。そういう風に作っている……。

ということなので、その通りにしたのが上の写真。

 

半スナップオープン

半スナップオープン

ビスケットなんかは、割った勢いで欠片が散ったら困る。割っていない状態で写真を撮りたい。

そんな人は、半分だけ開いて取り出すというのも手です。袋を引っ張れば隙間ができるので、そこから半分だけ開けば写真の状態に。

 

アソート・メニュー

9つのアソート

9個入りですが、種類は7つ。

写真を見ての通り、茶色と白の袋だけ2つあります。

茶はビスケット、白はヨーグルトです。

 

リッタースポーツの感想

割る前のリッタースポーツ

この四角い形状で、袋の中に入っています。

コーンフレークなどは、裏面が凹凸しているのでわかりますが、ヨーグルトやビスケットだと、形状に差はありません。とはいえ、色味が少し違うのもあります。

今回の感想は、常温に馴染ませた状態で食べ、感じたことを書いています。

 

KNUSPER KEKS

クリスピービスケット

クリスピービスケットです。

KEKSは、ドイツ語のクッキー。数によって言い方が変わるようです。

チョコレート自体は柔らかく、切断するのも楽。口どけは なめらか。噛むと、若干キャラメルに近い食感。歯に付く感じがあるという意味で。

 

JOGHURT

ヨーグルト

ヨーグルトです。JOGHURTで、ヨーグルト。

甘酸っぱい感じがして、「なんだろう、これは?」と思いました。

食べた後に商品について調べ、「あぁ」と納得。言われてみれば、覚えのある味。いや、そう感じるだけかも……。

 

NUGAT

ヌガー

ヌガーです。

ヌガーは、ソフトキャンデーの一種。

このチョコレートに関して言えば、ピーナッツクリーム感があります。あのパンに塗るヤツ。

 

KNUSPER FLAKES

クリスピーフレークス

クリスピーフレークス、いわゆるコーンフレークです。

チョコレートの底にコーンフレークが浮き出ているので、見た目で他と違うのがわかります。

ザクザクしたフレークが入ってるだけあって、他よりも切断するのに力が要りました。味はまぁ、コーンフレークを入れたら、こんな感じだよなという想像の範疇でしょう。

 

MARZIPAN

マジパン

マジパンです。別名マルチパン。

マジパンは、砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせた洋菓子。

めちゃくちゃ甘いのを覚悟しましたが、そんなことはなかったです。

食感が少しジャリジャリしていて、独特なフレーバーがありました。シナモンのような……なんか、そういう独特さです。うまく言えない。

あと、チョコレートが黒いです。

 

EDEL-VOLLMILCH

エーデルミルク

エーデルミルクです。

ただのミルクチョコレートというのが第一印象。

ちょっとハッカっぽい風味も感じたような……。いや、気のせいでしょう。

一番、特徴が無いタイプかも。

EDELは、気高いとか、そんな意味があります。VOLLMILCHは、全乳。MILCHだけだと牛乳。

 

NUSS-SPLITTER

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツです。

ザクザクではなく、シャキシャキした食感のナッツでした。

コーンフレーク同様、これも裏面にナッツが浮き出ています。

NUSSは、ナッツ。SPLITTERは、欠片とか破片ですね。砕いたナッツみたいな感じでしょうか。

 

リッタースポーツ ココアウエハーの感想

リッタースポーツ ココアウエハー

「リッタースポーツ ココアウエハー」の感想です。カルディコーヒーファームで、321円でした。

同じリッタースポーツですが、見るからにポケットサイズじゃありません。

チョコレートの型は似ていますが、大きさは4倍。1ブロックの大きさが同じであれば……。

 

ココアウエハーの原材料

ココアウエハーの原材料

同じような材料を使っていますが、こちらには水あめが入っていますね。

おそらく、袋の素材も一緒でしょうから、スナップオープンできたかも。割らない状態で写真を撮りたかったので、普通に封を切りました。

 

ココアウエハーの切断面

ココアウエハーの切断面

中は、ウエハースですね。

冷蔵庫から出したばかりの固いチョコを噛むと、中はサクサクのウエハース……。それだと、もう少し歯ごたえが欲しくなります。

ポケットサイズのミニリッターアソートが一口サイズなのに比べ、こちらは口を広げても入りきらない。ハンバーガーのように、かぶりつくことに……。

常温に馴染ませて食べると、チョコレートは柔らかくなり、より強い甘さを感じやすく……。というか、デカいキットカットみたいなものです。結構、ガツンとした甘みが来ます。

 

まとめ

「トブラローネ」の後に食べましたが、比較すると「こっちの方が好み」ですね。

その理由は、単純に食べやすさ。甘さがクドくない、大きさ的にも口に入れやすく、そして キャンディーが入っていない。

キャンディーだけ口の中に残るのは、好きじゃないので……。

あと、いろんな味が楽しめるのがいいですね。9個入り7種類なので、2種類は複数入っていますが、他の人が食べた感想を見ると、ダブっている種類が まったく同じというケースは見ませんでした。

トブラローネ

トブラローネの感想

マッターホルンをかたどったハニー&アーモンド・キャンディー入りミルクチョコレート。

⇒続きを読む